《世田谷・三軒茶屋》お子様対象、ウキウキクラフト手芸クラブ 開講

今年10月から、三軒茶屋のASOMANABOにて月1回、手芸を学べる《ウキウキクラフト手芸クラブ》を開講しました。

開講日
毎月第4水曜日

対象
未就学児(4歳〜)から小学生までのお子様

開講時間
14:30~15:40/4歳〜小学生未満の未就学児のお子様が対象
16:00~17:10/小学生対象

の2クラスをご用意しております
(希望人数が多い場合は、別日に追加予定です)

持ち物
ハサミ、クレヨン、色鉛筆(いづれも“あれば”で結構です)

『まずは体験してみたい!』というお子様には、初回のみ材料費1,000円で体験できます。

体験にご興味のある方はこちらのページからお申し込みください

//////

私は小さい頃は飽きっぽく理想通りに作れないと、すぐに投げ出してしまう子供でした

例えば、「切れないハサミをむりやり使って切り口がギザギザになってしまいテンションが下がる」…「のりが手についたまま布にさわってしまい、布が汚れてテンションが下がる」…など、作る過程で自分の思い通りにいかないハプニングが起きるとすぐあきらめていました

ですが成長するにつれて、正しい道具の選び方や使い方を知っておけば、これらのハプニングは簡単に解決できることに気づきました

◎カッターの刃はケチらずこまめに変えた方が作業効率が圧倒的に上がる
◎布を円形に切るときは、ついハサミを持った手を動かしてしまいがちですが、ハサミの位置を体の前に一定にして、切りたい布の方を動かすと切りやすい
◎手縫いでは時間がかかる部分もスティック状の布用接着剤なら、手も汚さずに簡単に布どうしの接着できるetc…

作りたいものをより具体的に表現する近道は、”正しい道具の使い方を知ること”や、”便利な道具は率先して使っていく”ことが大事だと考えています

くだいて言うと“当たり前に使っている道具にも意外と知らないルールがあったり、便利な道具があるなら使えばいいじゃん、その方が楽して作りたいものが作れるよ!”ということです

一緒に体験したお母さまからも「針と糸を4歳でも使うことができて驚きました!」との声もいただいております
(小さいお子様でも安心して使えるように先が丸い針をご用意しております)

70分という時間の中で、ひとりひとりの頭の中のアイデアを、より具体的に作品に表現できる様に、私からヒントやアイデアを提案したいな思っています

//////

第1回目(10/24)は【キラキラ】をテーマに、折りたたんだビニールのクリアシートの間にキラキラ素材のスパンコールやハギレを入れてポシェットを作りました

第2回目(11/28)は【ペタペタ】をテーマに、オリジナル布地のスワンボート柄とフェルトを使って、エプロンを作りました

そして…第3回目(12/26)はポンポンやフェルトを使って【カラフルなミニ門松】を作る予定です

今後はデザイン画の通りにぬいぐるみを作る課題や、シルクスクリーンを使って布のバッグを作る企画も実施予定です

お家ではできない道具を使っていただこうと計画しています

//////

はじめてのお客様には、材料代1,000円で体験いただけます
一緒に楽しく手芸しましょう!

お申し込みはこちらからお願いします

<ASOMANABO>

三軒茶屋駅より 徒歩8分🚶‍♂️
世田谷公園より 徒歩10分🚶‍♀️

事務所営業時間:平日 10:00-17:00

住所:東京都世田谷区下馬2-13-15TN三軒茶屋
電話:03-6805-2182
メール:info@asomanabo.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です